*四季の楽しみ*

日本は四季の国。一日一日の変化は僅かでも、季節は確実に移ろっていく。
夏の暑さ、冬の雪。大変なこともあるけれど、夏には夏の、冬には冬の楽しみがある。
季節の変化を目の前で感じられるのも田舎ならではの醍醐味。
民宿の周りで楽しめる季節や自然を感じられる事柄をまとめてみました。

 

 

花を愛でる 3月中旬~4月中旬

厳しい冬を乗り越え、春の兆しが感じられるようになると里山は一気に華やかな季節になります。
春の花々は見ているだけで、うれしい気持ちになりますね。
梅やミツマタに始まり、村花でもあるこぶし、桜や花桃と続きます。 民宿のウッドデッキからもお花見ができます。

◆例年の見ごろは
梅・ミツマタ 3月中旬~下旬  こぶし 3月下旬~4月上旬  桜・花桃 4月上旬~中旬

 

春の棚田 4月下旬~6月上旬

春の訪れとともに、農作業の準備も急ピッチで始まります。
3月下旬から苗づくりが始まり、4月中旬頃から順に棚田に水が張られていき、田植えのピークは4月下旬~5月上旬です。
棚田が最も美しいのはその後の5月中旬から6月上旬。
新緑が映りこむ棚田の風景は日本の原風景そのもの。

 

新緑・山菜・鳥のさえずり 5月上旬~6月上旬

木々が一斉に芽吹き、あたりの風景は瑞々しい緑色の世界に変わります。
優しい木洩れ日に包まれた景色はなんとも言えぬ美しさ。タラの芽やコシアブラといった山菜が楽しめるのもまた嬉しい。
森には求愛のための美しい小鳥の鳴き声が響きます。
のんびりハイキングするにもおすすめの時期です。

 


 

ホタル 6月上旬~6月下旬

初夏の風物詩といえばやっぱりホタル。
有名なホタルスポットでは人の多さにうんざりすることもありますが、ホタルを1人占めできるのも素朴な田舎ならでは。
静かな雰囲気で見るホタルの光は何とも幻想的です。6月下旬には民宿の目の前にある川でもホタルが飛び交います。
◆例年の見ごろ
武蔵の里(車で15分) 6月上旬  東粟倉総合支所周辺(車で10分) 6月中旬
民宿近辺 6月下旬

 

川遊び 7月中旬~9月上旬

東粟倉は源流の里。透き通る清流が村の真ん中を流れます。
きっとその透明感と冷たさに驚くはず。
釣りにつかみどり体験と合わせて楽しむのも面白そう。
◆川遊びスポット 民宿から車で5分。

 

花火 7月上旬~9月中旬

夏に欠かせないものといえば花火ですよね。
毎年8月13日は東粟倉の夏祭り。山々に囲まれた東粟倉地域は花火の音が跳ね返り迫力倍増。
傾斜地で打ち上げるため、花火自体も間近で鑑賞できます。
また、手持ち花火であれば、いつでも民宿の前で実施できます。

 


秋の棚田 8月下旬~9月上旬

お盆を過ぎると、少しずつ秋の雰囲気が感じられるようになってきます。
7月の終わりに出穂した稲が黄金色に輝くのは8月下旬。この時期の棚田の景色は本当に美しいです。
この景色を見ているとどこかほっとするのは、僕だけでしょうか。
田植えの早かった田んぼでは8月下旬から稲刈りが始まります。

 

茅場(すすき草原) 9月下旬~11月中旬

茅場はかつて茅葺屋根の吹き替えに使用するため、地域の方々が大切に守ってきた場所です。
東粟倉にはいまでも茅場が残っており、文化庁指定の茅場にも選定されました。
秋には一面のすすき草原となります。
◆日名倉の茅場 民宿から車で15分。

 

紅葉 10月下旬~11月下旬

里山が最も色鮮やかになるのはこの紅葉の時期。空気も澄み渡り、真っ青な空に赤や黄の葉が映えます。
標高差のある東粟倉では約1ヶ月間紅葉が楽しめます。
おすすめのスポットは後山キャンプ場。樹齢50年の紅葉林は散策にもお勧め。
◆後山キャンプ場 民宿から車で15分。

 



雪景色 12月下旬~3月上旬

後山の頂上がうっすら白くなるのは11月の下旬頃。そこからゆっくり降雪前線が里へと下りてきます。
東粟倉は豪雪地帯ではありませんが、12月下旬から3月上旬までは里でも雪が積もる日もちらほら。
雪の降った翌朝の凛とした空気はなんとも言えません。

 

雪遊び・スキー 1月上旬~2月下旬

雪が降るとなぜか少しうれしくなりませんか?不思議と雪が積もると子どもはもちろん、大人も童心に帰りますよね。
ふかふかの新雪の道を歩いて入ると、動物の足跡が見られるかも!?
本格的なウインタースポーツが楽しみたい方は車で30分のちくさ高原スキー場がおすすめです。 

 


通年
ここからは1年を通して楽しめる事柄です。

 

星を探す

東粟倉の自慢の一つが美しい星空。
「こんなに星があったの?」と都会では信じられないほどの満天の星空が広がります。
天の川がよく見えるのは夏と冬ですが、春・秋も空気が澄んで観察には適した時期です。
つまり、いつ来てもきれいな星空がご覧いただけます。
星空観察をメインに見に来たい方は新月に近い日をおすすめします。

 

夕日を眺める

西側の斜面が開けた東粟倉は絶好の夕日スポット。
1日の終わりを締めくくる夕日。なぜ、夕日はこんなにも感動するんでしょう?
夕日に赤く染まった夕焼け空も格別の美しさです。
民宿のウッドデッキから眺めるのもいいですが、一番のおすすめは民宿から車で15分。
天空の展望台「ベルピール自然公園」から見る夕日は息をのむ美しさです。

 

天然水で潤す

命の源の水。東粟倉は岡山の最果て、つまり源流の里でもあります。
湧水をそのまま味わう。都会では考えられないこともここでは当たり前。
混じりっ気のない天然水で心も体も潤しましょう。
◆愛の水給水施設 民宿から車で5分。